ぎっくり腰

illust3010

おもな原因

重い物を持ち上げた時、または不意の動作で起こる腰椎の捻挫

長時間の同姿勢でおこる筋肉疲労がすでにあり
チョッとした 動きで腰椎のズレ(亜脱臼)がおこるとも考えられます。

前に屈んだ時、ひねった時、立ち上がった時に起こります。

どういった不都合が生じるか

腰が痛くて動けない。

椅子から立ち上がれない。

寝起きが出来ない。

前かがみが楽になる。

整体(脊椎矯正法)の施術

起こったすぐは2~3日安静するのが一番です。

横になりえびのような姿勢をとりるのが楽になります。

痛くない姿勢をさがして、休んでください。

この時の治療は痛くない範囲での整体(特別操作)をおこないます。

微妙なタッチの弛めや抑制で痛みの緩和をはかります。

脊椎矯正は痛みがとれてからになります。

無理して動くと治りが遅れます。

※冷湿布は急性期の2~3日 温湿布はその後にしてください。

保険について

TOPへ