腰痛

illust3002

おもな原因

職業的腰部負荷、年齢的筋肉の衰え(脊柱間狭窄)

過度の運動、運動不足、長時間の同姿勢、重い物を持ち上げることや転倒、
交通事故などの打撲でも起こる(椎間板ヘルニア)

どういった不都合が生じるか

猫背、腰曲がり、 下肢の冷え、むくみ、ほてり 坐骨神経痛での歩行痛、跛行、痺れ、膝痛にも 及ぶことがあります。

便秘、下痢なども関係するといわれています。

整体(脊椎矯正法の施術)

腰椎、骨盤の歪みやズレを整体・整骨(脊椎矯正)

脊柱起立筋(背骨の両脇にある筋肉)や大臀筋と腰部周囲の筋肉と下肢の筋肉やそれぞれに付属した靭帯を充分に弛め筋肉バランスを整えます。

と同時に背部、腰部、下肢諸筋のストレッチをおこないます。 痛みがある場合はそれを軽減するための特別操作を加えていきます。

生活習慣に影響されることもあるので、普段の姿勢を意識して 正すように気をつけるとか、 年々衰えていく筋肉の強化をはからなくてはいけません。

そのため腰痛体操なども毎日少しでもいいから、やってください。

※腰痛体操で痛みを感じる時は無理してやらないで下さい。

保険について

TOPへ